初心に戻り、軽い映画話でも...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SAW -ソウ-
去年(2004)、私の中で最後に観たのにNo.1に輝いた映画でした。
一見、間違っても得意なジャンルではなかったのですが、サイトのコピーにやられたのかな。

『生きている事がどんなに素晴らしい事か』教えてやろうと言いながら、残虐な殺人を続けるジグソウと、そんな彼を『恩人』だと言う生還者の女性。
プラス、低予算なのにそれを思わせない迫力ある映像...なんて事を聞かされると散々迷った挙句に劇場に足を運びましたとさ。

まぁ大概びくびくしながら観てはいたけど、すごく面白かったというのが結論。
緊張しすぎて疲れるくらい、終始ドキドキしていたような気がする。
それでいて、途中でも飽きは来なかったし。
結末も、それは流石に予想しておりませんでした!!って、心底びっくりさせられたし。
個人的に、某○ックス・センスみたいに勿体つけたものは嫌いなので、そこには触れずに実はこの類だったのか!!って言う辺りにもやられました。
ここら辺の話しは、きっと観た人なら通じるのではなかろうかと思ってます(笑)

で、ついこの間から2が始まったわけですが、こっちはあまり興味ないのが正直なトコロ。
謎が解けるらしいのですが、ジグソウの正体とか別に知りたくないしなぁ。
前作が結構私の限界ギリギリだったので、それよりパワーアップしてるとなると流石に怖いしなぁ(←むしろこっちが大幅の理由/苦笑)
それでも観る価値あるよ!という情報を入手したら行こうかな...と思ってます。
ともかく一作目はお勧めです☆
スポンサーサイト
ブラザーズ・グリム
ブラザーズ・グリム!
結局童話って残酷なんだねー...なんて思ってしまいました。
一応ハッピーエンドだと思われるのですが、何気にエグイところなどありました。
何気に背景でさらっとキツイ↓てなシーンもありました。
愛猫家さんと愛兎家さんには個人的にはあまりお勧めしないかなぁ(苦笑)
私自身は虫が苦手なもので、彼らがわさわさ出てくるシーンは厳しいものがあったけれど、それを除けば面白かったです。
何せ、ファンタジー好きですから。

赤ずきんやヘンゼルとグレーテルなんかが、いち村人として登場するのは新鮮でした。
あと、ジャックと豆の木かな。
他にもラプンツェル?とか。

因みに、お兄ちゃんよりも弟が好きでした。
最後どうしてお兄ちゃんが○○○いたのかが不思議だったんですけど、まぁファンタジーだしいいか♪と強引に納得させました(自分自身を)
だけどやっぱり気になるので、誰か教えて下さい(笑)

それにしても、女王様が綺麗でした。
実際、綺麗な姿でいた時間は極端に短かったような気も致しますがそこはさて置き。
あれじゃあやっぱり惑わされるのかなぁ??

さてさて次は、ハリーかナルニア国物語ですね♪
Copyright © 2005 etoile filante. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。